教育目的・教育課程計画表

教育目的

看護師として必要な知識・技術・態度を修得し
一人ひとりに心を寄せ社会に貢献できる
看護実践者を育成する

教育目標

1
人間を身体的・精神的・社会的に統合された存在として理解できる。
2
人間を生活者としてとらえ、健康を環境との関係から理解できる。
3
人間の多様な価値観を認識した態度を養う。
4
科学的根拠に基づき、安全で安心できる看護を実践できる基礎的能力を養う。
5
保健・医療・福祉制度のもとで、他職種と連携・協働し、チーム医療の中での看護の役割を担うための基礎的能力を養う。
6
看護師としての倫理観を養う。
7
看護師として、変化する社会に対応できる基礎的能力を養う。
8
自ら健康を保持し、主体的に学び成長し続ける態度を養う。

教育課程計画表

基礎分野

教育内容 授業科目 単位数 時間数
科学的思考の基盤 哲学 1 30
教育学 1 30
生物学 1 15
心理学 1 30
情報科学 1 30
国語 1 30
英会話 1 30
中国語 / ドイツ語いずれかを選択 1 15
人間と生活、社会の理解 文化人類学 1 30
人間関係論 2 45
社会学 1 30
保健体育 1 30

専門基礎分野

教育内容 授業科目 単位数 時間数
人体の構造と機能 解剖生理学Ⅰ(人体の発生,構成部分) 1 30
解剖生理学Ⅱ(人体の構造と働き) 2 60
疾病の成り立ちと回復の促進 生化学 1 30
栄養学 1 30
薬理学 1 30
微生物学 1 30
病理学 1 30
病態学Ⅰ(診断学) 1 15
病態学Ⅱ(治療総論) 1 30
系統別病態学Ⅰ(呼吸器,循環器) 1 30
系統別病態学Ⅱ(消化器,代謝・内分泌) 1 30
系統別病態学Ⅲ(腎・血液,アレルギー) 1 30
系統別病態学Ⅳ(脳神経,運動器,泌尿器) 1 30
系統別病態学Ⅴ(眼科,耳鼻科) 1 15
健康支援と社会保障制度 公衆衛生学 1 15
社会福祉Ⅰ(社会保障の理念と基本的な制度) 1 15
社会福祉Ⅱ(活動の実際) 1 15
関係法規Ⅰ(看護関係法規) 1 15
関係法規Ⅱ(医療の動向,医療事故と看護) 1 15
医療倫理 1 30

専門分野Ⅰ

教育内容 授業科目 単位数 時間数
基礎看護学 看護学概論 1 30
看護理論 1 30
看護の方法Ⅰ(看護に共通する技術) 2 60
看護の方法Ⅱ-1(日常生活を支える看護技術1) 1 30
看護の方法Ⅱ-2(日常生活を支える看護技術2) 1 30
看護の方法Ⅱ-3(治療処置に伴う看護技術) 1 30
看護の方法Ⅲ(臨床看護総論) 2 60
看護の方法Ⅳ(看護技術の適応方法の基礎) 1 30
臨地実習 基礎看護学実習Ⅰ 1 45
基礎看護学実習Ⅱ 2 90

専門分野Ⅱ

教育内容 授業科目 単位数 時間数
成人看護学 成人看護の目的・対象の理解 1 30
看護の方法Ⅰ(健康課題に応じた看護1) 1 30
看護の方法Ⅱ(健康課題に応じた看護2) 1 30
看護の方法Ⅲ(健康課題に応じた看護3) 1 30
看護の方法Ⅳ(健康課題に応じた看護4) 1 30
看護の方法Ⅴ(看護技術) 1 30
老年看護学 老年看護の目的・対象の理解 1 30
看護の方法Ⅰ(老年の特徴と看護) 1 30
看護の方法Ⅱ(老年看護技術) 2 45
小児看護学 小児看護の目的・対象の理解 1 30
看護の方法Ⅰ(小児の特徴と疾病理解) 1 30
看護の方法Ⅱ(小児看護技術) 2 45
母性看護学 母性看護の目的・対象の理解 1 30
看護の方法Ⅰ(周産期の看護) 2 60
看護の方法Ⅱ(母性看護技術) 1 15
精神看護学 精神看護の目的・対象の理解 1 15
看護の方法Ⅰ(精神保健・精神疾患と治療) 1 30
看護の方法Ⅱ(精神疾患・精神症状と看護) 1 30
看護の方法Ⅲ(リエゾン看護・看護技術) 1 30
臨地実習 成人看護学実習Ⅰ 2 90
成人看護学実習Ⅱ 2 90
成人看護学実習Ⅲ 2 90
老年看護学実習Ⅰ 1 45
老年看護学実習Ⅱ 3 135
小児看護学実習Ⅰ 1 45
小児看護学実習Ⅱ 1 45
母性看護学実習 2 90
精神看護学実習 2 90

統合分野

教育内容 授業科目 単位数 時間数
在宅看護論 在宅看護の目的・対象の理解 1 30
看護の方法Ⅰ(状態に応じた看護) 1 30
看護の方法Ⅱ(在宅看護技術) 2 45
看護の統合と実践 看護の統合と実践(総論) 1 30
看護の統合と実践(各論) 1 30
看護技術の統合Ⅰ(複合技術-基礎) 1 15
看護技術の統合Ⅱ(複合技術-応用) 1 30
臨地実習 在宅看護論実習Ⅰ 1 45
在宅看護論実習Ⅱ 1 45
統合実習 2 90
総計 97 3015