教育理念・沿革概要

教育理念

安全で安心できる看護を実践できる看護師
一人ひとりに心を寄せ
個人を尊重できる看護師の
育成をめざします

本校は看護師になりたい人を迎え入れます。

看護師として、自律・自立した自らを育てるために常に学び、研鑽を積む努力を求めます。

看護を広い視野で学び、科学的根拠に基づく知識・技術を身につけ、真心をもって看護に向き合う人を育てます。

倫理的配慮をもち人間対人間の関係を成立させ、看護を提供できる人を育成します。

地域社会で暮らす人々との関わりからも看護を学び、社会に貢献できる看護師の育成をめざします。

沿革概要

昭和7年2月

横山産婆看護婦養成所として県より認定され、山形市八日町に於いて産婆並びに看護婦の養成を開始する。

昭和11年11月

横山産婆看護婦学校と名称を変更する。

昭和14年3月

各種学校として知事より認可される。

昭和16年12月

山形厚生女学校と名称変更。

昭和27年4月

山形厚生専門学校と名称変更、保健婦助産婦看護婦法による准看護婦養成を開始する。

昭和43年4月

男子准看護士生徒の入学を認める。

昭和45年3月

保健婦助産婦看護婦法による看護婦養成機関として高等看護科(2年課程)を開設し、厚生大臣の指定を受ける。

昭和46年4月

山形市緑町に高等看護科の校舎が新築移転する。医療法人横山厚生会山形厚生専門学校高等看護科、准看護科とする。

昭和53年4月

医療法人横山厚生会山形厚生看護学校と名称を変更する。

平成3年3月

准看護科入学生募集停止、高等看護科2年課程継続。

平成3年12月

保健婦、助産婦、看護婦学校養成所指定、規則第3条第1項の規定により看護婦養成3年課程を厚生大臣より承認される。

平成4年3月

准看護科廃止。
山形市蔵王半郷字八森959番地に3年課程新築校舎落成。

平成4年4月

看護婦養成3年課程開設。

平成5年1月

2年課程入学生募集停止。

平成6年3月

2年課程廃止。